適したソフトを

書類と色鉛筆

広告媒体の一つとして、チラシをポスティングする方法があります。近年、インターネットやスマートフォンの市場拡大で、広告はホームページやソーシャル・ネットワーク・サービスを使用する方が多くいます。しかし、新聞等に同封されるチラシにも一定の効果があるとされている事から、現在もチラシを利用した広告をする方が多くいらっしゃいます。 チラシの作成は、専門業者に依頼するか、自分で印刷するかのどちらかです。 自分でチラシ印刷する際に、注意して頂きたい点がございます。 Office系ソフトを使用してチラシを作成した場合、チラシ印刷時に鮮明に写らないケースがあるのです。特に、ぼかしや影の効果、ワードアート等が対象で、チラシ印刷には不向きと言えますので、それらの機能を使用しないように、作成する必要があります。 このように、チラシを作成するに当たり、Office系ソフトは不向きである為、イラストレーター等のソフトがチラシ作成には適していると思います。

チラシ印刷に最も適した用紙が、コート紙です。 コート紙は、新聞の折り込みチラシ等でも使用される用紙で、表面にコート剤が散布してあり、艶のある紙質が特徴です。両面微量の光沢があり、写真を非常に綺麗に印刷する事が出来ます。しかし、インクジェットプリンタでの印刷は、コート紙は不向きになります。コート紙を印刷するのであれば、昇華型プリンタかカラーレーザープリンタを使用する事をお勧めします。 インクジェットプリンタで、チラシ印刷するのであれば、光沢紙がお勧めです。 光沢紙は、紙が厚手で写真のような光沢感がある事が特徴です。印字後の浪打ちも少ないので写真もわりと綺麗に印刷されます。 このように、自分が持っているプリンタによって、適した用紙が変わってきますので、チラシ印刷する際には、自分のプリンタが、どの種類のプリンタなのか、調べておく事がポイントです。